参考となる書籍
「キャズム」ジェフリー・ムーア(著)

先日、ジェフリー・ムーアが書いた「キャズム」を再読してみました。

これは、ハイテクのマーケティングについて書かれた書籍ですが、一般にも大いにあてはまることだと思いました。

キャズムについて言うと、イノベーター(オタク)、アーリー・アドプター(早期採用者)、アーリー・マジョリティ(実利主義者)、レイト・マジョリティ(保守派)、ラガード(興味がない人)という顧客セグメントがある。

市場に浸透させ、売上を伸ばしていくには、それぞれの間に溝があり乗り越えなければならないが、 特にアーリー・アドプターとアーリー・マジョリティの間の大きな溝(キャズム)を乗り越えられるかどうかが、その製品が普及するか、一部の新製品マニアに支持されるにとどまるかどうかの一番の鍵だという内容です。

ジェフリー・ムーアの素晴らしいところは、初期市場とメインストリーム(主流)市場とのキャズムの越え方にある。

まずは、初期市場においてニッチ市場を攻め、先行事例を作った上で、メインストリーム市場へと攻め入るという方法だ。

ハイテク分野は、変化のスピードが非常に速いので、他の分野のビジネスから見ると、非常に参考になるのではないでしょうか。

あるニッチを支配して、それを応用して別の市場へと広げていく。

マーケティングの古典ともいうべき書籍ではないでしょうか。

つまり、メインストリーム市場でいきなりバンバンいくのではなく、ニッチ市場を支配して、それを礎として攻めて行くということ。

経営戦略上、ニッチ市場は、大切だということだ。
サイトマップ: 特別レポート 商品:
 • トップページ
 • プロフィール
 • ブログ(1,000冊読書)
 • English
 • リンク集
 • お問い合わせ
 • 特別レポート
 • 無料メールマガジン
 • エッセイ
 • 「おっとり系」公式サイト
 • セミナー収録CD・DVD
 • 講演・セミナー・集中講座
 • コンサルティング
 • ベンチャー参画(参画・戦略策定)