参考となる書籍
パーキンソンの成功法則 C.N.パーキンソン(著)

シリル・ノースコート・パーキンソン・・・英国の歴史学者・政治学者

仕事は、その遂行のために利用できる時間をすべて埋めるように拡大する」(パーキンソンの第一法則)

支出の額は、収入の額に達するまで膨張する」(パーキンソンの第二法則)

拡大は複雑化を意味し、組織を腐敗させる」(パーキンソンの第三法則)

このパーキンソンの成功法則では、ヒラ社員で入社してから、トップに躍り出るまでの方法論を教授している。

嫁の選び方を教えていたりするが、どこまで本気で受け取るかが問われてしまう一冊。(参考程度に知識を入れておくくらいがいいだろう)

なかでも最初のほうに蓄財の法則があったので、それを取り上げてみたい。

「なんて働きものだ!」と同僚は言いかわす、

「やつは事務所に住んでいるようなものだな!」。

じつは、それはほんとうで、君はそこで寝泊りをするのだ。

土曜の夜はクラブですごし、会社の休日にはサウナで一夜をおくれ。

ドラッグ・ストアでめしを食えば、一食につき69セントしかかからない。※

もらった給料は使わずに株にまわせ。


※1963年の本なので

バビロンの大富豪、となりの億万長者などの蓄財本による蓄財の法則は、 「倹約し、支出を最小限におさえ、貯まった資金を賢明に投資せよ。」 なので、泊り込むのは行き過ぎかもしれないけれども、 実に建設的な蓄財方法が書かれているなと感じた。

ノースコート・パーキンソンは、さまざまな事象に長けていると実感。
サイトマップ: 特別レポート 商品:
 • トップページ
 • プロフィール
 • ブログ(1,000冊読書)
 • English
 • リンク集
 • お問い合わせ
 • 特別レポート
 • 無料メールマガジン
 • エッセイ
 • 「おっとり系」公式サイト
 • セミナー収録CD・DVD
 • 講演・セミナー・集中講座
 • コンサルティング
 • ベンチャー参画(参画・戦略策定)