なぜ、ゴディバは成功しているか?   July 2008
答え:戦略が一貫しているから。

「ゴディバ」
流通戦略:
高級なロケーションに限定して流通させる

主要な流通チャネルは、
1.世界の主要都市にある自社所有の店舗
2.世界にある数千もの高級デパート、専門店
(カタログや、インターネットなどでの通信販売も行なってはいるが、全体の10パーセント以下にすぎない。)

ゴディバについて:
ゴディバ(Godiva) はベルギーの高級チョコレートメーカー(チョコレートを卸売りしていた)。 ゴディバは1926年ブリュッセルでジョセフ・ドラップスが設立した。 北アメリカ、ヨーロッパ、アジアに270店舗以上、アメリカに250店舗以上の専門店をもつ。 また年6回発行されるカタログや、インターネットなどでの通信販売も手掛けている。日本では片岡物産が取り扱っている。

1958年、初の海外ショップがパリのフォーブルサントノーレにオープン。
1966年、アメリカ上陸。高級デパートメントストアで販売される。(ゴディバ公式サイトによれば、「アメリカで最もエレガントなデパート」)
1972年、日本上陸。日本橋三越に出店。
1988年、ゴディバの売上高は1億ドルとなる。それらのほとんどは、デパートメントストアへの販売と専門店での販売による。
2007年までに、ゴディバの売上高は約5億ドルとなっている。

ゴディバの主要な顧客層:
(通販部門により顧客の属性が判明) 典型的なゴディバの顧客は、「年に6万ドルの収入を持つ女性」つまり、高所得の女性。

ゴディバの成功要因:
成功要因としては、スーパー・プレミアム・チョコレート分野での地位、ブランド確立。

それらを可能にしたのは、
1.洗練された広告
2.エレガントなパッケージング
3.高級なロケーションに限定された流通

ゴディバの主要なターゲット顧客層は、「年に6万ドルの収入を持つ女性」、よりわかりやすく言えば、「裕福な女性」である。 これらの顧客層は、一般的に言って裕福な生活ができる余裕のある層といえる。 彼女らの高級志向に対して適切な流通チャネルが、高級デパートや専門店なのである。

これらの戦略は、宝飾品販売業界と類似の戦略といえる。たとえば、ティファニーはゴディバと同様に、 高級デパートや専門店での販売をしており、また、ターゲット顧客層も類似である。 ブランドイメージに関しても、スーパー・プレミアム・チョコレートという高級なイメージを持たせることを戦略としている。 このため、流通チャネルも、高級なロケーションに限定させる必要が生まれる。
サイトマップ: 特別レポート 商品:
 • トップページ
 • プロフィール
 • ブログ(1,000冊読書)
 • English
 • リンク集
 • お問い合わせ
 • 特別レポート
 • 無料メールマガジン
 • エッセイ
 • 「おっとり系」公式サイト
 • セミナー収録CD・DVD
 • 講演・セミナー・集中講座
 • コンサルティング
 • ベンチャー参画(参画・戦略策定)