光と闇(見えないものを見る方法)   November 2007

光と闇(見えないものを見る方法)

物事には「光」と「闇」がある。
多くの人は、実際に当事者にならなければ、それを理解することはない。

そのことに気づいたのは、僕がマスタングというアメリカ車を購入したときだった。 マスタングは、ヘンリー・フォードで有名なフォード・モーターズで誕生した、アメリカでは有名なスポーツカーだ。 僕はこの車がかっこいいと感じて購入した。 しかし、僕がこの車を買って生活していくにつれて、一見、望みを叶えた僕の幸せの裏には実際には同じくらいの「闇」がひそんでいたことに気づいたんだ。

マスタングは、無駄に排気量が大きいために高い税金を支払う必要があった。 それは、運転する以前の問題だったのだ。 さらにこの車はアメリカ車だったから、左ハンドルでセンターラインが見えないという不便さがあった。 センターラインを右のミラーで確認しつつ運転しなければならない。 また、左に運転席があるから、対向車との車両感覚がわかりづらく、絶えず事故しないように気を使う必要があったのだ。 そのことは、同時に右ハンドル車ベースに作られた日本のインフラとの不適合を意味していた。

たとえば、駐車場に入ったとき、駐車チケットを発行するのは、大きなところや高級なところ以外では、右側だ。 だから、わざわざ助手席に乗り出すか、一旦車から降りて、チケットを取りに行く必要があることを意味していた。 それは、マクドナルドのドライブスルーでも同じだ。

そして、マスタングは大陸的なアメリカ車そのものだったため、ガソリンは食うわ、直線は強いがカーブには弱い、 大型で車庫入れが困難だという欠点ともチャームポイントとも言うべき点がたくさんあった。 こうして、僕はマスタングからいろいろなことを学ぶことができたのだ。

このように、物事には「光」と「闇」がある。 普通、(そう「普通」に)華やかな姿の裏側には、暗い「闇」がひそんでいる。 しかし、一見したところでは、そのことに気づくことはない。 光ばかりが見えて、うらやましがるものだから。

そこで、ここでは「光」と「闇」について、現実を少し垣間見てみようと思う。

「光」

「闇」

高い収入

バカ高い税金。高い経費。長い労働時間。睡眠不足。時間外の準備。家庭不和。管理問題。

いい車

高い維持費。垂れ流しのハイオク。高い修理代。
左ハンドルだとセンターラインが見えない。大型で移動と車庫入れが大変。

さまざまな場所に出張(特に海外)

時差ボケ。何時間もの長時間のフライト。それに伴う手続き。移動の疲れ。不眠。家庭不和。

豪邸

無駄に高い税金。大変な掃除。高くて何度も必要な補修費用。高い維持費。
ほとんどの部屋は使われずに残る。無駄に家具をたくさん置く必要がある。

1テラバイトのハードディスク

(相当なヘビーユーザー以外は)ほとんど未使用で終わってしまう。

高機能ケータイ

ほとんどの機能は、まったく触れられることもない。

スーパーモデル

拒食症。強迫観念。絶えざるダイエット。

サイトマップ: 特別レポート 商品:
 • トップページ
 • プロフィール
 • ブログ(1,000冊読書)
 • English
 • リンク集
 • お問い合わせ
 • 特別レポート
 • 無料メールマガジン
 • エッセイ
 • 「おっとり系」公式サイト
 • セミナー収録CD・DVD
 • 講演・セミナー・集中講座
 • コンサルティング
 • ベンチャー参画(参画・戦略策定)