マクドナルドの地域別価格導入に思う   2007
マクドナルドは、大都市圏で人件費や店舗賃料が高騰しているため、東京、大阪、京都などで平均3-5%程度値上げするそうだ。店舗運営費が安い地方では、価格を2-3%程度引き下げる方向。新たな価格戦略によって、中長期的に安定した利益を確保することを目指すそうだ。

値上げによって利益は大きくなる。ただ、このマクドナルドのニュースに思ったことは、別のことだ。 マクドナルドのマニュアル、システムは、経営戦略論上において伝説的なほどだ。未熟練の労働者でも、高いクオリティのサービス提供を可能にするシステムだからだ。(金のかかるベテランのコックも、気を配るウェイターもいらないからね)そして、それによって必然的に労働者の人件費は圧縮される。ある種の芸術。

当然、経営者として、人件費の圧縮は重要。利益に直接インパクトを持っているから。

だが、それによって「マックジョブ」という現実を生み出している事実もある。「マックジョブ」とは、内容がつまらなくて、賃金が低くて、手に職がつかない仕事のことだ。アメリカの辞書には、賃金が低くて、出世の機会がほとんどない仕事という意味とされているそうだ。

そういう理由から、都心部では人材の確保が非常に困難になっているという。日本人のアルバイトは確保が困難で、海外から来た人たちが、仕事につくようになってきている。ぼくの住んでいる福岡でさえ、都心部のマクドナルドでは、中国人のスタッフが働いていたから、だんだんと広がってきているんだろう。

ぼくがこのニュースに思ったのは、物事の多面性だ。

  1. もし、あなたがマクドナルドの経営陣なら値上げによる利益は、きっと従業員には還元しないだろう。人件費の圧縮は今をもって課題であり、いかに省力化、少人数化を計るかを研究し続ける。


  2. もし、あなたがマクドナルドの従業員なら値上げによる利益は、従業員にのみ還元させるだろう。だって、つまらなくて、賃金が低くて、たいしてスキルが手に入るわけでもないからだ。還元されて当然だって思う。


  3. もし、あなたがマクドナルドの顧客なら、値上げはするなって主張するだろう。だって、顧客サービスが向上した結果でもなく、質がよくなったわけじゃないだろう?会社のコスト上昇が理由の値上げだから、許容できないって論理だ。


  4. もし、あなたがマクドナルドの株主なら、値上げによる利益は配当(もしくは株価の上昇)で株主に還元しろって思うだろう。収益の上昇は、出資者である株主に還元して当然だからね。


たった4つの視点で見ても、立場が違うだけで、見えるものはまったく違ってくる。

従業員は、もっとお金がほしい。きっと誰だってそう思っていることくらいはわかっている。もっとお金を払うべきだって思っているだろう。けれど、経営陣は市場(株主)からのプレッシャーもあるし、借り入れしてるから債権者(主に金融機関)からのプレッシャーもあるから、利益をもっと上げなきゃいけない。だから、人件費は圧縮したい。

きっとベストなのは、賃金を上昇させた上で、それに見合った生産性の向上が見られるってケースなんだろう。でも、実際問題、それは測定しづらくて他にもいろいろ問題を抱えているから、難しいんだろう。

こうやって、ぼくらは現実世界でジレンマと矛盾を抱えながら、少しでも前進しようと頑張っている。どうにかして、利害関係者全員の視点から見ても、ベストな結果を出して行きたいと願っている。

そんな今の世界。ぼくは、このニュースで、もっとみんながうまくいくためのヒントを見つけたいなと思った。
サイトマップ: 特別レポート 商品:
 • トップページ
 • プロフィール
 • ブログ(1,000冊読書)
 • English
 • リンク集
 • お問い合わせ
 • 特別レポート
 • 無料メールマガジン
 • エッセイ
 • 「おっとり系」公式サイト
 • セミナー収録CD・DVD
 • 講演・セミナー・集中講座
 • コンサルティング
 • ベンチャー参画(参画・戦略策定)